新着情報一覧

咬合力の低下

2019年12月7日 ブログ

 

口腔機能低下症の検査項目の中から本日は

”③咬合力の低下”についてお話します(๑´0`๑)

 

歳を重ねて高齢になってくると

歯磨き・口腔内のケアやチェックがうまく出来ず

口腔内が汚くなり、歯周病やむし歯が増えてきます( ˊ•̥ ̯ •̥`)

それによって歯がなくなり、さらに噛む力が衰えます。
そうなると、食べこぼしや噛み切れない物が増え

食欲がなくなったり、食べられなくなってしまいますよね( •᷄~•᷅ )

 

unnamed

加齢とともに歯が抜けることもオーラルフレイルに関係しています。

歯の本数が少なくなることで当然噛む力は弱くなります。

一般的に残存歯が20本未満になると

咬合力は低下すると言われています( ・Д・)!

(※咬合力とは噛む力のことをいいます)

噛むときに加わる力が大きければ大きいほど
硬いものをかみ砕くことができるんですmeal⁎ˇ◡ˇ⁎

 

歯周病や虫歯の治療をついつい後回しにしているうちに

気が付いたら歯がボロボロになり・・・

歯を失う原因になってしまいます( ´•̥ ー •̥` )

 

また、抜いた歯をそのままにしておくと

周囲の歯が動いてきたり、残りの歯に負担がかかり

残りの歯の寿命も縮めることになります。

失った歯は、入れ歯で補うこともできますが

やはり装着したときの不快感などもある方もいらっしゃるので

これも食習慣に悪影響を与える要因と言えるでしょう><。。

 

 

人間は噛むことによってだ液が分泌されますが

だ液には食べ物の消化を助けてくれる作用があります。

同時に口腔内に溜まる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるため

だ液量の減少もオーラルを加速させる一因になります( ˙༥˙ )

 

 

口腔内を良い状態に保ち

いつまでも健康な体で過ごしましょう°.*\( ˆoˆ )/*.°

 

口腔衛生状態

2019年11月30日 ブログ

 

口腔機能低下症の検査項目に

”口腔衛生状態”の検査があります( ◠‿◠ )*桃の宝石箱*-o0020002011429330052.gif

歯磨きできているかどうかを、舌苔のあるなしで評価します♪

 

unnamed

舌表面を9つに分けて

舌苔の付着程度を3段階(スコア 0,1または 2)で評価し

合計スコアを算出します(゜o゜)!

50%以上だと衛生不良と判断されます(@_@)

 

 

舌には味を感じる味蕾という器官があり

それを囲むように乳頭という凸凹があります。

健康な舌はその表面に凹凸が見えます(^^)

 

 

舌に付着している汚れは『舌苔(ぜったい)』と呼ばれ

舌苔は口臭の原因となると言われています(;;´﹏`;;)

さらに、舌苔や口腔の不衛生な状態から

味覚の異常・呼吸器系の感染症・食道カンジダ症など

病気になりやすくなるんです*桃の宝石箱*-image03.gif

 

加齢などで舌の運動機能が低下したり

唾液の分泌が少なくなると

口の中の汚れを落としにくくなって舌苔も増えてきます・・( ノД`)

舌苔が付着しないようにすることが

健康維持のためにも重要ですヽ(^ー^)ノ!

 

 

☆舌の手入れの方法☆

舌の表面の汚れを落とすためには

普通の歯ブラシを使っても良いのですが

舌ブラシというものがあります(*^_^*)

 

舌の表面をあまりゴシゴシこすると

舌に傷がついてしまうので

軽く優しく取ようにしましょう^^

 

当院でもブラシタイプのものを販売しています。

詳しくはスタッフまでお尋ねくださいませ

 

摂食嚥下障害

2019年11月21日 ブログ

 

 

前回は「パ」「タ」「カ」を使った舌口唇機能の訓練についてお話しましたが

本日は、食事の時にむせるようになった

薬を飲み込みにくくなったと感じる方へ

飲み込みの検査・訓練のお話を致します(^^)/

 

 

摂食嚥下障害の診査(検査)方法は

①自分の唾液を一定時間内に何回飲み込めるか(嚥下できるか)

②食べ物を飲み込む時の嚥下音を聴診器で聴く

③嚥下造影検査

(レントゲンをあてながらバリウムの入った模擬食品を

実際に口から食べていただいて、異常がないかどうかを調べる検査)

④内視鏡を挿入し嚥下運動を観察する方法

などが主な検査方法です( ˘ω˘ )

 

①の方法は、ご自分でも簡単にチェックできます☆

『30秒で唾が何回飲み込めるか数える』

★6回以上:問題なし。高齢者の平均

★5回以下:飲み込み力低下のおそれあり

★3回以下:要注意

★2回以下:誤嚥の危険が高い

となっております(゜o゜)

 

 

※2回以下の方は是非ご相談下さいませ♪

 

訓練方法は色々ありますが簡単にご紹介できる方法をオススメ致します(*^_^*)

 

IMG_0871

ご自宅でも簡単にできるのでやってみて下さい( ◠‿◠ ) ♡

 

 

口腔機能低下症

2019年11月16日 ブログ

 

オーラルフレイルとは、お口の機能の衰えのことであり

口腔機能低下症は、

具体的に食べこぼし、硬いものが食べにくくなった

お口の乾燥、むせるようになった等の症状が

あらわれるようになった状態のことです★

 

実際にどのように”口腔機能低下症”の検査をしていくのか

流れを説明致しますヽ(^。^)ノ

 

①口腔衛生状態不良

歯磨きできているかどうかを、舌苔のあるなしで評価します。

 

②咬合力低下

噛む力がどれぐらい強いかを特殊な機械を使って測定します。

 

③口腔乾燥

唾がちゃんと出ているかどうかを、

口腔粘膜が湿っているかどうかと唾液量を計測して評価します。

 

④舌口腔運動機能低下

舌と口唇を使う発音ができるか

5秒間で『パ、タ、カ』をできる限り発音をしてもらい評価します。

 

⑤低舌圧

舌の力があるかどうか、舌を上顎にどれぐらいの力でおし当てられるかを機械で計測します。

 

⑥咀嚼機能低下

噛み砕く能力があるかどうか測定します。

グミゼリーを20秒間かんでもらいその砕け具合で測ります。

 

⑦嚥下機能低下

スクリーニング検査や、自記式質問票にて評価します。

 

以上の項目から3項目以上該当する場合

”口腔機能低下症”と診断されます!

 

診断された患者様には当院の歯科医師・衛生士が

お口の健康がこれ以上低下しないよう

お口の機能が向上するように

その方に合った訓練を考えます( • ̀ω•́ )✧

 

全身の健康のためにも、元気なお口で♪

楽しい毎日を送れるように一緒に口腔機能改善に努めましょう(^^)/

 

572787-min

虫歯や歯周病予防だけでなく

この様な検査も実施しています☆彡( ◠‿◠ )

オーラルフレイル予防③

2019年11月9日 ブログ

こんにちは!

11月8日は”いい歯の日”ということで

フジテレビ毎週火曜日9時~ホンマでっか!?TV にて

「日本人がいい歯になりますようにスペシャル」が放送されてましたが

ご覧になりましたか??(^^)/~~

 

『日本人に増えている誤嚥性肺炎の原因は舌の力の低下』

ということで、舌の力を鍛えるトレーニング方法も

紹介されていましたね♪

テレビをきっかけに気になった方がいらっしゃいましたら

お気軽にご相談くださいませ( ◠‿◠ ) ☆彡

 

 

「パ」「タ」「カ」をそれぞれ速く発声し

舌の筋力が衰えているか調べることができると

ホンマでっかTVでも言われていましたね)^o^(

 

本日は、最後★オーラルディアドコキネシス(ODK)

の「パ」「タ」「カ」の

「カ」

の働きについてご説明します(^o^)丿

 

か

 

 

「カ」はのどの奥に力を入れてのどを閉めることで発音します!
食べ物を飲み込み、そして食道へと送るためには

一瞬呼吸を止めることが必要なんです:;(∩´o`∩);:
この動きができなければ食べ物をスムーズに食道へと運ぶことができません。
「カ」の発音は、誤嚥せずに食べ物を食道に送るトレーニングができます(*^_^*)♪

 

 

 

「パ」「タ」「カ」それぞれの運動の意味を理解していただけると

より効果的に実践していただけることと思います(´ω`)

 

「大きな声で」「一文字一文字」「はっきりと」

意識して声に出すようにしましょう♬

慣れてきたらできるだけ早く、繰り返して発声してみて下さい☆彡

 

診療の流れ ブログ お問い合わせ

ページトップへ戻る

歯科衛生士さん大募集!

初診の方はこちら

再診の方はこちら