インプラント歯科

13
imp

インプラント

15年以上の経験と確かな技術を提供いたします

「噛める」実感を取り戻せます

インプラントとは、天然の歯とほとんど変わらない機能と外観を持った第三の歯です。外科手術が必要なインプラント治療の場合、歯科医師の腕と経験値は非常に重要なポイントになります。当院の院長は、インプラント治療歴15年以上という実績を持っています。信頼できる歯科医師のもとでインプラント治療を受けたいという方は、ぜひ一度ご相談ください。

meri

インプラントのメリット

自分の歯と同じように噛める

入れ歯やブリッジとは違い、あごの骨に土台を埋め込むため、天然の歯と同じような感覚で食事を楽しめます。自然な噛み心地を取り戻せるので、「ごはんが美味しくなった」という患者さんもたくさんいらっしゃいます。

見た目が自然で美しい

天然の歯と見た目が変わらないこともインプラントの特徴です。入れ歯のようにズレることもないので、話す時、笑う時もまったく気になりません。

健康な歯に負担がかからない

ブリッジによる治療の場合、義歯を支えるために隣の歯を少し削る必要があります。また、歯にかける入れ歯の場合も支店となる歯に負担がかかってしまうというデメリットがあります。

deme

インプラントのデメリット

埋め込むための外科手術が必要

あごの骨にインプラントを埋め込むため、外科手術が必要です。症状や治療の内容により費用は異なりますが、保険が適用されない治療です。ただし、医療費控除の対象となるケースもあります。

治療できないケースもあります

インプラント手術は、どんな方でも治療を受けられるわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方や、あごの骨量が足りない方の場合は、手術ができないケースがあることをあらかじめご了承ください。

治療期間は長期にわたります

手術自体は数時間で終了し、入院の必要もありませんが、術後は経過観察のため、約半年の通院が必要です。治療期間は個人差がありますので、気になる方は事前にご相談ください。

インプラントの治療の流れ

  1. 検査
    問診、全身疾患の把握、歯周病のチェックを行い、インプラントを入れる周囲の骨の検査や残っている歯の状態等を総合的に診査・診断します。
  2. カウンセリング
    診断結果に基づき、治療計画を説明します。気になることは何でもご質問ください。
  3. 手術
    通常、数時間程度で手術は終わります。術後は痛み止めを飲む程度で、腫れもほとんどありません。
  4. 上部構造製作
    2~3ヶ月後に型取り、歯を製作してセットします。
  5. メンテナンス
    治療後の定期検診が重要です。術後、約半年間は通院し、その後も定期検診を受診してください。
診療の流れ ブログ お問い合わせ

ページトップへ戻る

歯科衛生士さん大募集!